どれくらいもらえるの?

補助金の金額は?

ここまでは、補助金制度の概要や申請方法をみてきました。では、肝心の補助金の金額はいくらなのでしょうか?これも、故人が加入していた健康保険の種類によって異なります。

支給される補助金の額は、故人の健康保険が国民健康保険の場合には、「葬祭費」という名前で5〜7万円、後期高齢者医療保険の場合には3〜7万円です。

その他の保険に加入していた場合はどうでしょうか。その場合には、葬儀を執り行った者が扶養家族であれば「埋葬費」という名前で一律5万円、扶養家族でない場合も実際の出費にあわせて5万円までの上限で支払われます。

また実際に支給される金額は地域によって異なるとのこと。たとえば一例として、東京23区で故人の加入していたのが国民健康保険の場合には、一律で7万円が支給されます。

独自の制度で高くもらえるケース

これまで紹介した以外にも、雇用保険などで独自の制度により手厚い補助金がもらえる場合というのもあります。故人の雇用されていた職場の健康保険によっては、独自の制度としてより充実した補助金制度を設けているケースがあるからです。

またその他の例としては、国家公務員共済の場合には金額が10万円以上の独自の補助金制度があります。金額は加入していた組合によって異なりますが、いずれにしても通常より手厚い額の給付があるというのが特徴です。

さてここまで、葬儀にかかる費用の心強い味方である補助金制度について紹介してきました。いかがでしたでしょうか?もし少しでもお役に立てることがあるようでしたら、幸いです。最後までお付き合いくださりまして心より感謝申し上げます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top